オレンヂなデイズ

ようこそ ..Road to the "another dimension"

ネット広告業界騒然の超絶チート「ダイレクト・キャリアビリング」

チャオ!

春ですね!「自粛の春」って感じでどこもかしこも休業が多いですが皆さんいかがお過ごしですか?

f:id:tomokawasaki:20200509140842j:plain

僕はボンジョルノプロジェクトが終わるので、次のプロジェクトの準備に奔走中です。

 

マジで良いプロジェクトだったので、名残惜しいですが次もまたイカツイやつなので超燃えています。だって働き盛りですからね。

次のプロジェクトの詳細はそのうちお知らせします。

 

さて、今日はB!プロジェクト振り返りの第3弾。

イタリアはパルマに本社を置くボンジョルノs.p.aを一時期世界の覇者(は、大袈裟ですが。。)たらしめたチート技、日本ではあまり知られていない「ダイレクト・キャリアビリング」について説明します。

 

DCB(Direct Career Billing)は、日本語に無理に訳すと「直接電話会社請求」って感じでしょうか。要するにネットで買ったアイテムの請求を電話会社経由の請求にするって言うそれだけの事なのですが、これがドエライ事なのです。

 

日本でのDCBはこんな感じの流れなのですが・・・

 

f:id:tomokawasaki:20200509140527p:plain

auとかソフバンでも「あんしん決済」とか何とかの名前でやってるアレです。

 

ヨーロッパや南米などでは、なんとビックリ、上の図で言う所の4桁の数字を入れる認証フェーズが無かったのです!

て事は、ランディングページで「購入する」ボタンを押すと、それだけで購入が完了すると言うAmazonと同じ「ワンクリックで購入」が可能だったんですね・・。

(※ 商店側から見るとAmazonに出品すると高い手数料を取られる且つ同様の他商品と比較されるので、遥かに手数料の安いボンジョルノの様なPayment service provider経由で売れる方が利益が大きい)

 

クレジットカードで買えば、PINは16桁。その他にもやれCVVやらカード期限やら色々と入力しなければならないですし、仮にPayPalを使ってもID&PWの入力が必要な所を、ワンクリックで(デジタルコンテンツなら)購入完了するのはネットでコンテンツを売る人にとって凄まじいメリットだった訳です。

 

問題は、それぞれの携帯電話会社の支払いシステムとの繋ぎ込みで開発がいちいち必要って弱点がありましたが、マーチャント(アプリとかゲームとか売りたい人)はボンジョルノに任せればOK。API経由で世界中の大きな電話会社のDCBを一気に使える様になるのです。

 

<接続していた電話会社の例>

  • テレフォニカ(Spain)
  • スイスコム(Swiss)
  • オレンジ(France)
  • モビスタ(Brazil) ...など、他にも多分多数。

 

もっとも、間違ってボタンを押して買ってしまう人もかなり居たと思いますが、まぁ販売していたのが数百円のHTMLゲームだったので、さほど問題にはならなかった様です。しかし、2018年の1月から、Payment Service Directive (通称"PSD2")と言う法律が発布され、DCBを取り巻く環境は大きく変わりました。

f:id:tomokawasaki:20200509141702p:plain

上のJ.P.モルガンの記事では、DCBによる購入金額上限(月額300€まで)がフィーチャーされていますが、ワンクリック購入はこのPSD2以降は禁止となり、ヨーロッパだろうがどこだろうが最低でも意思確認を含めたツークリック購入となりました。

 

・・・日本的感覚だと、なんて当たり前の話なんだと思って終わりなのですが、このPSD2による規制変更の為に、以前は100名近く在籍していたボンジョルノのマーケティング部隊は、32名にまで減りました・・。

 

冗談みたいな話ですが本当です。

敗因としては、やはりDCBを使ったデジタルコンテンツ販売に頼りすぎた点です。

 

このDCB販売は、携帯端末のSIMのユーザー情報を使っているので、WiFiに接続していると使えないと言うデメリットがありますが、ボンジョルノでは例えばFacebookのMarketing Partnerになったりして、APIを使った開発を行い、4G接続中のFacebookユーザーだけを補足する様な仕組みを実現していました。

 

その他にも、特定の携帯会社のユーザーだけを補足して広告を出したり、とにかく「DCBで決済&購入させる」と言う事を至上命題としたプロモーション活動を展開して、ある程度成功していたのですが、PSD2の様な規制が入る事は想定していなかったのです。

 

世界にはいろんなビジネスがあるんだなと思い知った良い経験でした。

ではではそんな感じで、忘れてしまう前に回顧録でした。

アリーヴェデルチ

 

 

ヨーロッパでは男女はもっと平等なのよって言われて

チャオ!

この度、ボンジョルノプロジェクト(以下、B!プロジェクト)が終わるので振り返る企画の2話目です。

f:id:tomokawasaki:20200503151452j:plain

全てにおいて、恵まれた神プロジェクトでしたが、一番はやっぱり人に恵まれていたことです。

 

上の写真がB!プロジェクトにおける僕の上司、キャリーさんとその更に上司、アントネッラさん。

 

フィレンツェに滞在中、本当によくしてもらいました。

 

キャリーさんは昔からB!で働いている人で、台湾人ですがロンドンの大学を出て、イタリア人の旦那さんと結婚してボローニャ在住、フィレンツェまで毎日電車で1時間ちょいかけて通勤していました。

 

彼女が折に触れて言う言葉が結構僕にはぶっささる事が多かったのですが、なかでも"In Europe, men and women are more equal"ってやつでした。

 

いやー、それは本当にそうです。B! s.p.aでは管理職とかシニアマネジメントも本当に半数が女性でした。(s.p.aは日本で言うところのK.K.みたいなもの)

 

そういう部分では日本は本当に遅れているなぁと思います。企業の取締役とかは一つの象徴ですが、何かにつけて男尊女卑の文化が残っているのは、日本では男が自分の地位を守る為にそうしているのですが、実際生活してみるとイタリアの方がはるかに男性が楽そうに生きているんですね。。

 

女性が活躍する風土にすると、女性が才能を発揮してくれるので、一見男性の立場が危うくなりそうなものですが、結果的に男女対等の文化の中で生きる方がジェンダーロールの制約から自由になれる点で男たちにとっても良いんだなと思いました。皮肉なもんですね。

 

f:id:tomokawasaki:20200503153616j:plain

トスカーナ地方に初めて来たときに、自分はここに住むことになるって直感で感じたというキャリーさん。バリキャリって感じで仕事してましたが、時々詩的なことを言うのもヨーロッパ的な格好良さだなと思いました。

 

ではでは皆様、良い連休を!!

 

B!プロジェクト振り返り其の壱、ヴァイスメディアの勃興

チャオ!連休ですね!

 

さて、2017年の2月から、約3年以上に亘ってお届けしてきたBUONGIORNOプロジェクト(以下、B!プロジェクト)が、遂に2020年6月を以て終了する。

f:id:tomokawasaki:20200501232514p:plain

すごく長かった様な気もするし、でも始まった時の事をつい昨日の様に思い出すことも出来たりで、個人的には不思議な感覚で切ない思いです。

 

f:id:tomokawasaki:20200501232546j:plain

BUONGIORNOのオフィスから、すぐ近くにはドゥオモが見えた

 

終わってみると、通算で$400/hを超える神案件でした。(※ 一週間に四十時間とか稼働している訳ではないので週$16,000とかって事ではない)

 

てか、時給でどうとかってチャチなレベルでは無くて、本当に僕の人生を変えた偉大なプロジェクトだったので、これを機に振り返って行きたいと思う。

 

そもそも、僕がB!プロジェクトにコンサルとして入らせて頂くきっかけになったのは、彼らのクライアントであるヴァイスさんの日本での展開をサポートする為だった。

 

ヴァイスさんは、本当にすごい会社で、僕にとっては尊敬してやまない真のクリエイター集団だった。

f:id:tomokawasaki:20200501233824p:plain

千駄ヶ谷の一軒家的な感じのヴァイスさんのオフィス

ヴァイスメディアとは、元はカナダのフリーペーパーから始まり、音楽から政治までカバーする「ミレニアル・メディア」だ。

 

この辺の「音楽プラス政治」みたいなノリが最初は分からなかったのだが、なんか古くは有名な「ローリングストーン」と言う音楽雑誌に始まり、反体制的なミュージシャンの言動をクローズアップする中で政治の世界で起こっている事を音楽誌が分析したり批判したりと言うのは西洋の文化の中では一般的なのかなと思った。

 

そんな訳でヴァイスメディアはISISへの突撃取材を行って世界的な注目を集め、2017年の時点でオバマ大統領に単独インタビューできるくらい影響力のあるメディアに育っていた。


President Barack Obama Speaks With VICE News

 

「ミレニアルメディア」とは、その名のとおりミレニアル世代向けの媒体と言う意味で、特徴としては取材対象の飾らない本当の姿を掘り下げる事にこだわる傾向がある。

 

聞いた話では、西洋のナウな若者はBBCとかCNNとかFOXとかの所謂「オトナ向け媒体」は信用しない人が多くなったので、そう言うお高く止まったメディアに代わって若者目線で脚色の無い真実を取材する事がミッションなのだった。

 

日本での展開は、かなり世界でのミレニアルメディアの立ち位置とは違う角度から展開していたが、とにかくアツイ人達のクリエイター魂に触れられたと言う点で、僕にとってこの上なく貴重な機会だった。

 

f:id:tomokawasaki:20200502000253p:plain

広告展開・ユーザー獲得に必要なランディングページや、バナーなどの素材はフィレンツェのB!オフィスで作成し、納品していたので、色んな意味で日本にコンサルタントが居ないと実現が不可能な状況だった。

 

ここから、想像もしなかった様な冒険が始まって行ったのだった。

 

<続く>

 

13年前の記録を超える方法

チャオ!

 

いやー、何だか今年入ってから凄い勢いで世界が変わりましたね。。しかも今日のテドロスさんの会見によると、もうコロナ前の世界には戻らないとか・・・

 

変わる事もあれば、変わらない事もある訳ですが、どうしても大きく変わった事に意識を持って行かれたりしますね。

 

とは言え、ちょっと鬱屈としたこんな時期だからこそ、周囲の変化に関係なく好きな事にでも没頭して有意義に過ごしたいものですね。

 

さてさて、そんな訳で半蔵門ランナーズステーションも閉鎖になり、皇居は諦めて最近は地元で走るようになりました。

 

ずっと使っているNike Run Clubの走行データ、気付けば120回のラン情報が溜まりました!

 

一番古いのはなんと13年前!

2007年5月のデータです。当時はNike Plusって言う名前のアプリだったと記憶していますが、とりあえずちゃんとデータが残っているので良かった。

 

'07年は27歳。。当時は6kmちょっとの距離を平均4'48''/kmで走っていたようです。

ボクシングのプロテスト受けたのが'06年12月だったので、そこそこ走るのを頑張っていた時期でした。その割にタイムがこの程度なので、まぁ遅いですが。

 

ちなみにこのNRCの走行履歴、'09年と'19年の間にスッポリ10年の空白があるのです。

10年て!!

 

ダンスやってた時代、ほぼ全く走らなかったんですね。。

これが本当にめっちゃ勿体なかったなと思うけど、過去は過去。

 

去年再開した時のペースはこんな感じでした↓

f:id:tomokawasaki:20200423223907j:plain


 ゆっくり再開して、ちょっとずつ早くして地道に続ける事ほぼ一年。

 

で、先週、39歳にして5km走のベストレコードを達成しました。4'20''/km!

f:id:tomokawasaki:20200422175908j:plain

ラソンを3時間で走る人って、平均時速14kmで走っているので、計算すると4'18''/kmくらいですか?42kmをずっとこのスピードで走るってマジやばいですね。

 

なぜ、39歳でシャカリキに頑張ったと言う訳でも無いのに、27歳の時のスピードを超えられたかと言うと、(当時のロードワークは6kmで今は5kmで条件が少し違うとは言え)走り方を変えたからなんです。

 

ヒール着地をフォアフット着地に修正するのに、去年の夏くらいから取り組んで約一年かかりました!

 

↓これが、去年の9月時点でのデータ。去年5月時点ではめっちゃヒール着地でしたが(そのデータは何故か消えてしまった)、超頑張って9月にはミッドフット着地まで持って来ました。

しかし、この時はフォアフットへの荷重はまだ左右ともに17%しか乗れていませんでした。

f:id:tomokawasaki:20200423163100j:plain

 

 で、↓が今年の3月のデータ、遂にフォアフット着地になりました!嬉しかった。

実際にスピードが早くなるのには、ここから更に若干の時間がかかりましたが、走り方を変えると心肺能力が同じでもちゃんと早くなる事が実証出来ました。

 

f:id:tomokawasaki:20200423163353j:plain

 

フォアフット走法になると、ハムストリングス(もも裏の筋肉)と体の深い所の腹筋を使っている感覚があり、楽しいし、色んなスポーツに応用出来そうな気がします。

 

歳をとった分、頭を使って工夫すれば13年も前の記録を超えられる。

結構良くないですか?

 

ではでは、皆様ご機嫌よう。良い金曜日を!

アリーヴェデルチ