競技ダンスとブロック・チェーン

一見、関連性のなさそうなものに関連性を見つけ出そうぜ?

松本遠征

今回の遠征先は、往年の名ドラマ「白線流し」の聖地、長野県松本市

f:id:tomokawasaki:20180523164636j:plain

松本市総合体育館。

f:id:tomokawasaki:20180523165143j:plain

セミファイ踊り終えた段階で、足が若干プルプルしてたけど展開が早いので休んだり柔軟する時間はなかった。

 

準決勝進出は15カップル。

全員を集めてその場で決勝進出者をアナウンス、そのまま呼ばれたカップルは30秒のソロを踊ってワルツで自己紹介と言う、東部ではプロの競技会でしたお目にかからない気の利いた演出だった。

 

最初の1組目が背番号をコールされて、2組目がコールされて・・・・あっと言うまに5組が踊り終えて、司会の声が響く。「最後の決勝進出者は・・・!」

 

最終予選を通過した時のスコアは7位だった。

決勝進出は準決勝WTFQのスコア合計上位6組だから当落線上かもしれない。

 

呼ばれる順番は、背番号と関係なかった。

 

既に1次予選〜4次予選と、準決勝を踊っていたが、決勝に残らなければ新幹線で遠征してはるばるやって来たのに昇級ポイントはゼロだ。

 

つまり天と地ほども違う。

そりゃあ、無神論者も神に祈りたくなる思いでした!

 

「最後の決勝進出者は・・・・101番!」

 

その番号が読み上げられた時、歓喜に包まれた僕は、心の底から今までなんやかんや頑張って来て良かったと思えたんや。

 

30代も後半になっても、毎日の筋トレは欠かさないでいればこんな事もある。なんつってもあのゴロフキンだってほぼ同い年だ。何事も諦める時期ではない。

 

めっちゃ汗かいたので、日帰り入浴で枇杷の湯へ。八百円であり得ないこのクオリティ。遠征っていいよね。

f:id:tomokawasaki:20180523171807p:plain

 

さぁ、来週からマドリードだ!

約一年ぶりのヨーロッパ。頑張って来ます!

 

じゃあみんな、お元気で!

アリーーーーーーヴェ・デルチ!