読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョカト〜〜レ・ブログ

トスカーナ舞踏戦記。

熊飯

昨日は定期的に開催している熊飯会だった。

f:id:tomokawasaki:20160610154707j:plain

熊飯会は、基本四谷の穴場的スポットで開催される不定期イベントで、日々の諸々の闘争と奮闘に疲れた僕の心を癒してくれる数少ない貴重な会である。

 

熊ちゃんは独特の鋭い知見で諸問題を解決する手助けをしてくれる他、僕のたってのお願いでMLの役員を二年連続で引き受けてくれたりしているので、足を向けて眠れないくらいのレスペクトキャラである。

 

だんだん都内も夏に向かっているとは言え、まだ過ごし易い気候の夜だ。知る人ぞ知る四谷荒木町商店街の名店で天ぷらを食った後、僕らはふらりと四谷の名所、須賀神社に詣でる参道を歩き、長い階段を上って立派な寺社を臨む厳かな境内に立ち寄った。

 

僕が新宿区フリークなのは幾つか理由があるんだけど、とにかく歴史を感じる場所がひそかに残っているのと、玄人好みの秘境的穴場が多いのは外せない要素だ。江戸っぽい(とは言っても建物は戦後に再建したんだけど)須賀神社は四谷の総鎮守で、荒魂神スサノオノミコトを祀っているそうだ。スサノオノミコトは水を司る農耕の神様と言うことで、パワースポット好きの間では水属性のパワースポットとしてもてはやされているらしい。日々、炎のように生きている僕達には正にぴったりだと言えよう。

 

そんな訳で神社を詣でてから500メートルばかり歩いて、四谷駅のホームに立った僕らだったけども、電車を待っていると突然僕の電話が鳴った。きょうへいからの電話で、レッスン終わったから四谷にいるなら一緒に飲もうぜと言う内容だった。

 

その日は木曜日、金曜日ではないが、あと一日で週末なんだからその誘いに乗らないと言う選択肢は僕にはなかったし熊にもなかったと思う(たぶん)。ギリギリ僕らが電車に乗り込む前に捕獲するあたり、さすがきょうへいだ。

f:id:tomokawasaki:20160610161031j:plain

結局、日が変わるくらいまで皆で飲んで、スィーツ男子な僕らはデザートまでたいらげてけだるい夏の夜の空気に誘われて深夜なのにそのまま20分くらいかけて神楽坂まで歩いた。

 

リア充感はんぱない熊飯会を経て、今週はだいぶ英気を養えた気がする。うーむ、今日も練習がんばれそうだぜ!!