ジョカト〜〜レ・ブログ

トスカーナ舞踏戦記。

森の聖人とノルウェイの川にソーセージを焼きに行った話し

今日は僕の出会った偉人の話を、忘れないうちに少しだけ書きたいと思う。

オペラソフトウェアで同僚だったハンス(仮名)は、今でも忘れることが出来ないインパクトで、正に「森の聖人」の名に恥じない人だった。

f:id:tomokawasaki:20150711120811j:plain

出張で行ったオスロで休日何もすることの無い僕に、「トモ、森へ行こうぜ」とナイスな提案をしてくれた。夏のノルウェイの森は美しくて、楽園以外のなにものでもなかった。湖も山々も、おとぎ話に迷い込んだのかと錯覚するほどだ。オスロの市電に乗って、終点の駅まで30分、そこから5分歩けばもう深い森の中だ。

f:id:tomokawasaki:20150711122021j:plain

 

スーパーでソーセージを買おうぜと行ったハンスは、本当にソーセージだけを買って店を出ようとした。何かサイドディッシュは要るかいと聞いたら、「それは森で取れるのさ」とハンス。

 

f:id:tomokawasaki:20150711121436j:plain

確かに森には極上のブルーベリーが自生しており、結果デザートは必要なかった。

 

手頃な川をみつけると、川のほとりで火をおこし始めるハンス、森の住人の手際のよさときたら筆舌に尽くしがたい。

 

f:id:tomokawasaki:20150711121642j:plain

 

僕も見よう見まねで焼いてみた。ノルウェイの川辺で食うソーセージは、未だかつて体験したことの無い美味だった。

f:id:tomokawasaki:20150711122254j:plain

オペラの日本法人で働いていたハンスは、何せ聖人レベルのいいヤツなので、みんなの人気者だった。

 

今はノルウェイに戻り、オスロのはるか北の街トロンハイムで農家をしているらしい。

世界は意外と狭いので、いつかまた会ったら森を歩きながら積もる話をしたいと思う。