ジョカト〜〜レ・ブログ

トスカーナ舞踏戦記。

ダンサーの為のやさしい仮想通貨投資入門

チャオみんな!

寒いけれど元気ですか?

 

とっても興味深いTGE(Token generating event)に参加したよ!

f:id:tomokawasaki:20180115160230p:plain

IT業界で十年以上仕事をしているのに、バカな僕はFAQの資料の1つの注意事項を読み逃して、トークンを買い損ねてしまったんだ(泣)

 

90億円の資金調達を行う為のトークンセールは、僅か3分ー5分程度で完売するのを目の当たりにして、僕の中で何かが変わった。

f:id:tomokawasaki:20180115164120p:plain

 

未だかつて、地球上で国境に関係なく90億円の資金をベンチャー企業が一般投資家から5分で90億円を調達出来るような時代があっただろうか??

 

ホンマ、、、ありえない。

 

今この瞬間、本当にありえない事が起きている。僕たちはそう言う時代を生きている。

 

個人的な投資事業としては結果こそは完全な失敗だったけど、今回「イーサリアム」を1から勉強した僕は、値千金のいろんな事を学んだ。

 

トークン」って言うのは平たく言えば「株式」、イーサリアムが今回の場合は株式を買う為の通過。

 

さて、僕はみんなに別に難しい話をするつもりはないんだ。

 

専門的な記事は別途まとめたいと思う。

それよりも、君が何かに挑戦する時に、まず必要なのは何だと思う?

 

本を読んで勉強する?

ネットで検索して勉強する?

 

・・・確かにそれも必要かもしれない。

でも今回痛感したのは、やっぱり何はなくとも「仲間」なんだよ!!

f:id:tomokawasaki:20180115162518p:plain

※本文と関係ありません。「仲間が居るから強くなれた」のイメージ図です♪※

 

別に僕がジャンプ世代だからとかじゃなく、美談がしたい訳でもなく、今回のTGEは多くの仲間に助けられて、仮想通貨を格納するウォレットやトークン販売アプリ、イーサリアムを送金する為のノウハウ(トランザクション費用の設定とか)を効率よく吸収する事が出来た。

 

いつも一人で頑張っているようでいて、気づけば周りには、常に仲間が居る。

 

思えば、その事こそがダンスの価値だ。一人で極限の身体表現にチャレンジするなら、他のバレエとかでもいい。

 

そう気付いてみると仮想通貨トークンと競技ダンスほど相性の良い組み合わせは無いって思わないかな?

 

世の中には既にコスプレイヤーの為のICOプラットフォーム事業は存在する。

これをダンスに応用すると、こんな感じだ。

 

まずイーサリアムをベースにしたTokenを作る、名称は多分"danz"だ。

1 danzは最初0.001イーサリアム(今日のレートで1530円)くらいから始まるんだ。

f:id:tomokawasaki:20180115161819p:plain

 

ノービス競技会を通過してアルファベット級を獲得したカップルに一個、ハードウェアウォレットを配布する。(USBメモリみたいなやつ)そして、その中に1danzくらいを最初から入れておくんだ。

 

いつか練習場を神宮前とかナイスな場所に整備して、ダンサーは皆が仮想通貨イーサリアム・ベースのトークン通過"danz"で練習場代を払えるようにする。

 

靴とかのグッズもdanzで購入できるようにして、もちろんレッスン代金もdanzで決済できるようにする。

 

そうすると理論上はdanzトークンを保有する人が増えて行く。

保有者が増えるとdanzトークンの価値は対イーサリアムで上昇し、保有者全員にキャピタル・ゲインが発生する。

 

競技会で優勝するとdanzが貰えるみたいな仕組みで、競技全体が盛り上がる。

勿論、いずれは競技人口に対しての保有率が飽和し、打ち止まる。

 

でも、「お金が儲かる」って言うきっかけでダンスの楽しさに気付く人が増えれば、競技人口全体の底上げが出来るはずなので、理論上はdanzの保有者が増えることで競技者全員がキャピタルゲインを享受する事が出来る・・かもしれない。

 

競技ダンス」って言うプラットフォーム全体が盛り上がる事で、参加者が増える。参加者が増えるとdanzの価値が上昇して、みんなが儲かってさらに盛り上がる。

 

まぁ、夢物語だけどね、昼間見る夢は夜見る夢よりも少し生産的かもしれないだろ?

いつかそんな日が来たらいいなと思いつつ・・・

 

目下の問題は、神宮前にイカしたダンスフロアをぶっ建てる資金をどうやって調達するかだな(笑)

 

今週も一週間頑張るぞー!

ボナジョルナータ

  

 

スムージー熱燗

チャオ!

気付けばいよいよ2017年もあと三日を残すところとなりました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

   f:id:tomokawasaki:20171229142506j:plain

 

 

今年も色々チャレンジしたり発明したりしましたが、2017年最大のイノベイションと言えばこいつです。その名も「スムージー熱燗」!

 

冬場のスムージーは体が冷えると言う難点がありましたが、この熱燗調理法により全てが解決しました。

 

抗酸化と抗糖化と言う究極のニーズをこれ一杯で満たす優れものです。

ぜひお試しあれ。

 

レシピはこんな感じ。

  • アボカド一個
  • キウイ一個
  • りんご一個
  • 小松菜を一房
  • ほうれん草一房
  • 水2カップ

 

あとはお好みのサプリでも投入すればあら不思議、万能薬の出来上がりです。

では良い年越しを!

 

ボナジョルナータ

 

作家性に触れる

ちょっと前のこと、新海誠展に行ってきた。

f:id:tomokawasaki:20171217180250j:plain

 

まさかのフォトショで作ったアニメーション作品とか・・・

デジタルネーティブとは正にこのことかと思った。

 

そして、先週はアップリンクでヘド●ーバ観てきた。

 

f:id:tomokawasaki:20171217180849p:plain

 

これまた一線を超えてくる作家性を感じた。

満席だった。

鷹の湯でフルチンで乱闘とか一切無修正で上映するとは笑いが止まらへんかった。

 

美しい物を描くのも作家性、暴力や醜さを描くも作家性。

・・・まっこと色々やな。

 

今週もがんばる。

 

 

夢のオフィスを探して

ボンジョルノ!!寒いっすね!

 

昨日はシェアオフィスの内見に行って参りました!!

f:id:tomokawasaki:20171206135603j:plain

神宮前って、クリエイティブな仕事が出来そうな雰囲気で溢れているように感じるのは・・・俺だけかな?

 

千駄ヶ谷駅から15分歩きながら街の風景を見るだけで、新しい何かを創造出来そうな、そんな予感がもう既にバシバシ来てますわ!!!

f:id:tomokawasaki:20171206140804j:plain

法人登記可能。郵送物受け取り可能。ラウンジスペース24時間365日利用可能で月額25,000円!年会費が16,200円なのでランニングの固定費としては月あたり26,350円でした。

 

解約は1ヶ月前通知で可能なので、固定費としては勿論安くはないですが仕事が軌道に乗っているうちは全然アリだなと思いました。

 

二人目は月額15,000ポッキリで利用可能なので、小規模なチームで使うことも可能ですが2つ難点があります。

 

一つはロッカーを安く借りられるものの、外部ディスプレーを置く場所がどこにも無いこと。二つ目は三人目以降は普通に月額25,000円プラス年会費が発生する点でした。

 

まぁ、まだ探し始めたばかりなのでゆっくり見ていきたいと思います!

 

チャオチャオ!

 

 

焦燥感

f:id:tomokawasaki:20171201180525j:plain

去年のことだったかな。

 

昔の上司が「やべー気付いたら4X才になっちまったYO!」って言って輝かしいフルタイムの仕事をハーフタイムにして、ご自身の事業を立ち上げ、そのマネタイズを頑張り始めると言う出来事があった。

 

焦燥感はいつも突然にやってくるのかもしれない。

 

そして、気付けば2017年も師走でございます。

まだ1ヶ月あるけど、個人的にそりゃあもう今年はすごく良い1年でございました。

 

でも何なんだろう、このこみ上げる焦燥感は・・・。

 

とっても色んな事が、これ以上ないくらいに上手くいってる。。だからこそなのかな、もっと早く成し遂げなきゃ行けない事があるような気がして、焦燥感にかられるんや。

 

いやー、文章書くのって、難しいですね。。。

 

基本トンマナを揃えないといけないのに、この個人ブログですら日替わりでお届けしております。時に関西弁、時に標準語、時に敬語、時にカジュアル・・。

 

そして、面白い事を書くって、本当に難しいですね・・・。

 

マドリードで書いてる時はまじで神が降りてきたかのように書けた・・気がした。

 

やっぱ数を重ねるしかない。

 

いつもその結論に達して、しかし三日坊主で終わるのであった。

12月は追い込みってことで、頑張りたいと思っている・・!

 

じゃあみんな、良い週末を!

チャオ!

 

 

 

 

 

 

ビジネス本としての "THE GAME"

僕らの世代のヒーローと言えば、色々いるけどニール・ストラウスを抜きに語れないだろう。

courrier.jp

 

THE GAMEはナンパ本と言ってしまえばそれまでだけど、ナンパに全く興味のない人も絶対に一度は手に取る価値のある本だ。

 

高度な心理学的、生物進化学的(性淘汰理論)な洞察はすでに「ナンパ」とかの域を遥かに超えている。

 

ここまで研究する情熱があれば、何か他のもっと生産的なことが出来るはずだけど。

 

ソーシャルダイナミクス(人間関係の機微がもたらす変化)に関する記述のうちで、仕事に通じる部分はいくつもあるけど、今日は「ピーコック・エフェクト」を掘り下げたい。

 

ニール・ストラウス(通称:スタイル)の師匠、通称「ミステリー」がロック・スターのような派手な格好でクラブに乗り込んで行く訳だんだけど、その超前衛的な常軌を逸する派手さが生み出す効果を孔雀効果「ピーコック・エフェクト」と呼ぶようだ。

f:id:tomokawasaki:20171109143431p:plain

 

派手な格好をすることは、それ自体大きなリスクだ。

「バカじゃねーかコイツ」と奇異な目で見られるんだけど、それを承知で派手な格好をするミステリー達のリスクテイクの精神と揺るがない自信が、米国やヨーロッパ(劇中ではセルビアとか東欧に旅する)で女性達の心を動かしていく。

 

誰だってリスクは取りたくない訳だが、なんのリスクも取らないことが世の中では実は一番のリスクだと言う説もある。(実際ザッカーバーグもそう言っているし)

 

孔雀の羽もなんの役にも立たないどころか、捕食者に狙われるリスクを取ってメスにアピールしていると言われている。

 

雄は生存の危機を冒してまでも、雌に選ばれる為に頑張り、そんなリスクを冒す雄が評価される。

 

単に自滅すれば良いって事じゃなく、如何に上手にリスクテイクするか。

仕事でも、周りの賢者たちはそこを見ていると思う。

 

日常的にリスクテイクしていれば、当然時には崖から落ちてボコボコになるんだけど、そう言う「痛い目をみる経験」を経てきていることこそが重要なんだろう。

 

タフじゃないと、生き残れない。

 

なんのリスクも取らずに、でも成功したいと言っている後輩をタマに見かけると、「THE GAME」を読んで欲しいなと思わずにはいられない。

 

別におれは説教をしたい訳でもないし、ただ読んだ人がそこから有意義な洞察と言うか、リスクテイクやチャレンジの意義みたいなものを面白いと感じてくれたらいいなと思うだけなんだけれど。

 

 

僕の生活を変えたAI

 

ボンジョルノ!!寒くなりましたね!!

さてさて、AIやばいっすね!みずほグループがAI活用で人員削減をするとかなんとか、人工知能の普及が本格化してきましたね。

 

思い返せばIBMのディープブルーと言うプログラムがチェス世界チャンピオンに勝利したのは遥か90年代後半。そこから一層の進化を遂げて、AIは遂に僕の生活まで変えるに至りました!!

 

f:id:tomokawasaki:20171021112254p:plain

クラウド会計ソフト、"freee"に搭載されているAIによる「自動で経理」の機能がマジでやばいです。

 

ジョカトーレコンサルティングはもはやコレ無しでは成り立ちません。

 

自動でクレジットカードの明細を読み込んで会計科目を類推してくれるのであります。しかも結構な精度で正しい会計科目に分類されるため、経理作業にかかる時間が飛躍的に少なくなりました!!

 

freeeは国産の会計ソフトです。いやー、国産ソフトでこのクオリティ、素晴らしいっすね。Google日本法人のOBの方が作られたそうです。立派!!

 

そんな訳で、いろんな効率化の甲斐あって、相変わらずボンジョルノ(本社はイタリアのパルマ)の日本でのオペレーションをゴリゴリ回しながら、最近は都内で新たなクライアントさんを開拓することが出来ました。

 

自分のビジネスを開拓する事で、全般的にモチベーションが上がりました。

今年も気付けばあと残すところ2ヶ月。この調子で頑張ります。

 

チャオ!